エクイティファイナンス vs デットファイナンス

エクイティファイナンスとは?

エクイティファイナンスは株式による資金調達であり、株式が発行され貸借対照表では「純資産の部 > 資本金、資本準備金」等で計上されます。エクイティファイナンスは返済義務が無い点が会社にとって大きなメリットです。返済義務が発生しない代わりに出資者が株主となります。株主は議決権、もしくは売却益を得られるメリットがあり、双方で利害関係が一致します。ただしエクイティファイナンスを行いたくても実施できない場合や双方(会社・投資家)でリスクがあるため、資金調達ではデットファイナンスが一般的です。エクイティファイナンスについてもう少し詳細な説明は「エクイティファイナンスについてもう少し」をご覧下さい。

デットファイナンスとは?

デットファイナンスは銀行融資や社債等による資金調達であり、貸借対照表では「負債の部 > 借入金、社債」等で計上されます。デットファイナンスは返済義務があり、利息を付けて返済していく必要があります。デットファイナンスは「借金」であり、理解しやすいと思われます。

会社側・資金提供者のメリット・デメリット

  エクイティファイナンス デットファイナンス
メリット 会社側

・返済義務がない。
・融資が受けられない場合でも資金調達できる可能性がある。
・投資家から人気な場合、大きな資金調達ができる可能性がある。

・経営方針に口を出されない。
・着実に返済できる見込みがあれば、基本的に資金調達できる。
・無難

資金提供者 ・議決権の保有(経営や取引への関与)
・キャピタルゲイン
・利息
デメリット 会社側 ・出資者から経営方針に口を出される可能性がある。
・売却に向けたアクションを迫られる可能性がある。
・返済義務が発生する。
資金提供者

・株式の価値が変動し、大幅に価値が減るリスクがある。
・買い手がいない場合、売却できない可能性がある。
・倒産した場合、一切リターンを得られない可能性がある。

・利息のリターンが少ない。
・わずかに債務不履行となり、資金が回収できなくなる恐れがある。

エクイティファイナンス・デットファイナンスの特徴

  出資
(エクイティファイナンス)
銀行借り入れ
(デットファイナンス)
社債
(デットファイナンス)
返済義務  なし あり あり
利息/配当金  配当金あり
(配当なしもあり得る)
利息あり
(0.1%~10%など)
利息あり
(0.001%~数%など)
ファイナンス時の審査  決まった審査はない
(出資者による)
銀行による審査が行われる
(審査は厳格)
決まった審査ない
ファイナンス時の保証人・担保 基本必要ない 代表者の保証、もしくは担保などが必要 基本必要ない
(ケースバイケース)
資金提供者からのニーズ 将来性がある事業分野、投資家から人気な会社が有利 着実な返済ができる会社が有利 着実な返済ができる会社が有利(人気度も関係あり)
多数の資金提供者からの調達 可能
(不特定多数は条件あり)
不可能
(一般的でなく許容されない)
可能
(不特定多数は条件あり)
議決権割り当て(会社の所有権) 基本的に必要
(不要な場合もあり)
不要 不要
権利の売却 買い手が存在すれば売却可能 基本的に売却は無い 買い手が存在すれば売却可能
権利の売却益 場合により非常に大きい 基本的に小さい
(ケースバイケース)
権利の価値変動 変動しやすい
(評価が高いと株価が上がる)
変動しにくい 変動しにくい
会社解散時の返済義務 なし
(株式は無価値になる)
通常連帯保証人に引き継がれる(または担保差し押さえ) なし
(債権は無価値になる)
貸借対照表の区分 純資産の部 負債の部 負債の部

まとめ

エクイティファイナンス・デットファイナンスのどちらも資金調達の規模は少額から巨額のケースがあり、またメリット・デメリットはケースによります。企業によって資金調達方法は様々であり、「資本金1000万を維持し、資金調達はすべて融資で担う中小企業」「様々な企業から投資を募り、大きな資金調達を行うベンチャー」「株式市場を巧みに活用し、巨額の資金調達を実施する大企業」「複雑なスキームで大きな借金を実現する企業」など多種多様となっています。また上場企業でもエクイティには消極的で資金調達の動きが無い会社もあり、考え方は企業次第です。

タイトルとURLをコピーしました