エクイティファイナンスについてもう少し

最初に

資本金とは?会社の資本金で何が判断できるのか?」「エクイティファイナンス vs デットファイナンス」に続いてエクイティファイナンスについてもう少し説明します。

資本金・株式・株式市場の関係

資本金と株式には強い関係があります。増資時、減資時に資本金が変動し、投資家が出資すると資本金(資本準備金含む)が増加し、株式が発行されます。

発行される株式は基本的に発行時で株価が異なります。非上場企業でも株価を査定するため、一定ではありません。そのため非上場企業でも「想定される時価総額」と「資本金+資本準備金」が一致することはありません。

そして上場企業では株式市場で株式の売買が可能になり、日々株価が変動します。当然、株価が変動しても株式の時価が変わるだけで資本金が変動する事はありません。

エクイティファイナンスの関係図

ポイント
  • 時価総額分のお金を企業や投資家が所有しているわけではない。(時価総額は仮想的な値)
  • 仮に時価総額が2000億の企業でも2000億の出資金を得たわけではない。(企業は「大きな株式市場の力」のうち、一部の力を利用して資金調達するイメージ)
  • 株式市場は企業が運営しているわけではない。企業も株式市場を利用している立場。

何故エクイティファイナンスを活用する会社があるのか?

ベンチャー企業中心にエクイティファイナンスを積極的に活用するケースが目立ちます。

主な理由としては「返済義務がない」「ファイナンス時の審査がケースバイケースであり、場合により緩め」な点で企業側にメリットがあるためです。また市場から非常に人気な会社では高い株価で増資できるため、企業側のデメリットが少なく済みます。一方、投資家側としてはベンチャーキャピタル(VC)中心にベンチャー企業に出資をし、売却益(キャピタルゲイン)を狙う会社が多数存在します。売却益は非常に大きくなるケースもあり、投資ニーズは途絶えません。一般的な事業会社でも積極的に投資を行っている会社は珍しくありません。「お金が用意できるが良い投資先が無い」というのがVCのありがちな悩みです。

ベンチャー経営者
「設立1年ですが、10億程度の資金調達をしたいです。」
銀行担当者
「保証人・担保も不十分なためお見送りとなります。当支店では前例がありません。」
VC幹部
「事業内容と経営陣が良いので興味あります。前向きに検討したいです。」

結果的に「投資したい会社」と「資金調達したい会社」の利害関係が一致し、エクイティファイナンスを利用する会社が出現します。エクイティファイナンスは売買により価値が変動し、利害関係者が増えていきます。そして上場すると不特定多数の投資家が売買し、得する人・損する人が出現し分散されます。

ただしエクイティファイナンスも万能ではなく、企業・投資家の双方でデメリットもあります(「会社の所有権・経営方針に口を出される可能性がある」、「希薄化して既存株主が嫌がる」、「価値変動が激しく着実性が無い等」)。そのため、中小企業中心に多くの企業ではデットファイナンスによる資金調達が一般的です。

エクイティファイナンスはマジック?

エクイティファイナンスは返済義務が無いにも関わらず資金調達ができるため企業にとっては魅力な手法ですが、そもそも何故返済しなくて良いのか?何故資金調達できるのに加え経営者もお金持ちになる事があるのか?どこからお金がやってくるのか?のような疑問が浮かぶ事があると思われます。

エクイティファイナンスの歴史は古く、数百年以上の長い年月の末に様々な工夫がなされ出来上がった仕組みであり、非常に画期的な仕組みです。大まかには下記のような概念であり、「価値変動」「流動性」「分散」「永続」がキーとなります。結局は誰かが損する事で成り立つ一面もあります。誰かが損するにも関わらず、買いのニーズは絶えません。買いのニーズがあれば資金調達の可能性が生まれます。

エクイティファイナンスではデットファイナンスのような単純返済では動かないお金が動き、まさにマジックです。

非上場企業の場合、エクイティは関係ないのか?

非上場企業の株式は市場で売買する事ができません。しかしながら非上場企業でも「ユニコーン企業」と呼ばれるような期待が大きな企業はエクイティによる資金調達が盛んです。また仮に資本金1000万のエクイティと無関係に見える会社であっても会社の買収・売却の際では時価が査定され大きな金額が動く場合もあります。そしてエクイティに消極的な会社でも、方針転換し第三割当増資を積極的に行うようになるなどもあり得ます。そのため「世の中に存在するすべての会社」で軽視できない内容となります。

タイトルとURLをコピーしました