転職に有利なケース ~有利な状況を考える~

転職に有利なケースを紹介します。転職に有利なケースでは「選考が有利に進む」、もしくは「給与交渉がしやすくなる」可能性があります。自分に有利な求人を探し、有利なPRを考え、転職活動を有利に進めます。
※下記は求人・状況によっては影響が少ない場合もあります。参考程度にご覧下さい。

転職に有利な状況を考える(写真:Unsplash)

こだわらない / 要望が少ない

企業や業務内容・環境などへの”こだわり”が少ない場合、対象となる求人が多くなり転職活動は有利になります。ただし”安売り”や”機会損失(勿体ない)”になってしまう場合もあるため、極端に妥協しすぎない方が良いでしょう。

求める給与が相場程度 / 割安(相場以下)

求める給与が相場程度(もしくは相場以下)の場合、割安と判断され面接が通過しやすくなる可能性があります。ただし当然給与重視の人にはマッチしません。

  • 相場程度の場合、特別な検討が不要であり、スムーズに検討がなされるため有利
  • ほぼ同じレベルの人でエントリーがあった場合、割安な人の方が有利

対象となる候補者が少ない職種である

人不足が続いており対象となる候補者が少ない職種では、売り手市場で有利となります。(例:医療系職種、建設業界、エンジニアなど) 有利な状況下では、自分の能力レベルがやや不十分でも面接を通過できる可能性があります。

スキル・業務経験が豊富

スキルが高く業務経験が豊富な人は当然有利となります。また求めるスキルが高く対象者が非常に少ない場合は人が集まらないため、給与交渉でも有利になります。

スキル・業務経験が企業の方針に合致する

スキル・業務経験が企業の方針に合致した場合、有利になります。求人では候補者を極力多く募りたいため、詳細条件は記載されていない場合が多く、外部から詳細な条件は確認しにくい場合が多いです。そのため必須条件のみならず、事業内容・仕事内容から企業が求めるスキル・業務経験を推測するのが良いでしょう。

コミュニケーション能力が高い

コミュニケーション能力が高い場合、純粋な業務の影響のみならず、周辺メンバーと協調し上手くやっていける可能性も高くなります。面接の場でも説明が上手な傾向もあり、トリプルで有利となるでしょう。

求める人物像と合致する / 社風に合致する

面接では”スキル・業務経験”のみならず、考え方、性格などの人物像も見られます。求人にマッチする人物像の方の方が選考で有利です。企業によっては業務面の能力がやや低めでも、社風に一致しているため採用する場合もあるでしょう。

キャリアプラン・役割・業務実績・自分の強みが連動している

「キャリアプラン・役割・業務実績・自分の強み」が連動している場合、真剣度合いが伝わる可能性があり有利になります。自らスキルアップしていける可能性があるなど好印象です。

年齢が若い

年齢が低い若手を募集したい求人は多く、求人数で有利となります。また年収も低めで選考が比較的スムーズに進むため、有利です。特にポテンシャル採用ではスキル・業務経験の条件が緩和され、若手が有利となります。

マネージメント経験がある

マネージメント経験がある場合、目標スタンスや組織運用のノウハウがある方とみなされ、選考が有利になる可能性があります。企業組織ではマネージメントの課題が頻繁に発生するため、マネージメント候補者・支援者として補充したいニーズは絶えないでしょう。

ポートフォリオが良い

専門職の場合、自分の実績を主張できるポートフォリオが選考を有利にします。単純に過去実績の一覧を紹介するのではなく、良いもの(難解な成果物等)に絞って紹介するのがお奨めです。

有名企業の勤務経験がある

有名企業の勤務経験がある場合、有利になる可能性があります。理由としては、「有名企業の面接をクリアした能力がある」「業務ノウハウなどを知っている」「常識がある人」と見なせる可能性があるためです。また単に「書類選考にて目に留まる」だけでもメリットになる可能性もあります。(書類選考は人が目視で行うため、担当者が知っている企業名の方が有利になるでしょう)

学歴が高い / 学部がマッチする

「学歴は関係無い」と主張する企業でも、実際の選考では学歴で判断される場合はあり得ます。例えば、多数の応募があり、類似するPR・同等の給与水準である場合、学歴・学部が影響を与える可能性があります。特に人気企業でスキル要素が少ない求人では、と学歴の要素が強まるでしょう。

TOEIC点数が高い

業務で英語を使う場合は当然TOEIC点数が高い方が有利ですが、英語を使わない場合でもTOEIC点数で有利になる可能性があります。TOEICは認知度が高い試験で、レベル感を判断できるためです(職業分野別の試験は認知度が低く、レベル感の判断が難しい場合があります)。ただし英語を使わない仕事ではわずかな判断材料と考えるのが良いでしょう。

関連: 転職に不利なケース ~選考が不利になる点を把握する~

タイトルとURLをコピーしました